タフスについて

タフスは1990年にコンピュータ周辺機器のファームウェア開発業務から事業をスタートしました。

現在では、仮想化インフラシステムの設計・構築からクラウドサービスのサービス構築やテクニカルサポートといったインフラ系のソリューション業務と、大手企業の基幹系業務システムの開発及びクラウド向けのウェブシステムの開発業務へと幅広く事業を展開し、上位レイヤから下位レイヤまでを幅広くトータルで提供できる体制を整えています。

会社としての最大資産を「人財」と位置づけ、その活動としての人材育成と環境整備から生まれた「確かな技術」を強みとすることで、専任の営業担当が不在ながらも技術力や実績、長年にわたり築いてきた関係性から多くのお客様からご依頼を頂き、またその期待に応え続けるべく日々努力しております。

我々タフスは、技術者としての誇りを持ち、お客様視点で対話し共に考えることで、お客様のビジネスにおけるクラウド時代のICTをより効率的かつ身近なものにしていくことをお約束します。

ページトップに戻る